top of page

PFOC海外実弾射撃訓練

PFOC海外実弾射撃訓練

新型コロナウイルスの影響などにより、数年に渡って中止・延期されてきました、海外での実弾射撃訓練が再開されることになりました!


本訓練は、日本人インストラクターが日本語で実施する、海外(フィリピン)での実践的射撃訓練です。現地でのサポートもしっかりとしておりますので、英語力が不安な方・海外渡航が不安な方でも安心してご参加いただけます。



《2024年 PFOC海外実弾射撃訓練》


【開催日程】

・国内事前訓練:2024年4月27日(土) 1日間

・現地渡航期間:2024年5月20日(月) - 24日(金) 5日間

・現地訓練期間:2024年5月21日(火) - 23日(木) 3日間


【訓練場所】

・国内事前訓練:東京都

・現地射撃訓練:フィリピン (軍・警察施設を利用)

※それぞれの詳細は申込者に別途連絡いたします

※基本的に現地集合・現地解散となります


【訓練内容】

・ハンドガン/カービンの実践的射撃訓練

銃器安全管理,基本射撃,集弾率向上,スピードドロー,リロード,様々な射撃プラットフォーム,カバー&バリケードの応用,移動射撃,複数標的対処,ピボット,標的選別,速射,超至近距離〜中距離までの射撃,ライフル零点規正 ほか

※受講者の練度に応じ、基礎から中級または上級までの訓練を実施します

※弾数は銃種毎一人あたり300〜400発を予定


【使用予定銃器】

・ハンドガン:Glock

・カービン:M4 Carbine


【インストラクター】

・軍・法執行・警備業認定インストラクター

・NRA(全米ライフル協会)タクティカルシューティングインストラクター


【受講条件】

基本的にどなたでもご参加いただけますが 以下に該当する方はお申し込みいただけません


(1) 日米比の3カ国において、過去に禁固刑以上の刑罰歴がある方 (執行猶予含む)。

(2) 日米比の3カ国において、現在または過去に反社会組織(暴力団・犯罪組織・テロ組織・過激思想や特定集団至上主義組織・その他非合法活動等を行う組織・結社を含む)の所属歴がある方や支持者・賛同者。

(3) 日米比の3カ国において、銃器規制法・銃刀法等の欠格事由に該当する方。

(4) 日米比の3カ国において、軍・法執行機関の不名誉除隊や懲戒解雇歴のある方。

(5) 日米比の3カ国において、精神科通院歴・心療内科通院歴のある方。

(6) 身体面・精神面で訓練受講に問題のある方。

(7) 身元が不明確な方。

(8) AICPO・現地組織・インストラクター等による事前審査で不合格となった方。


【募集人数】

・15名

※最低実施人数10名

※最低実施人数に満たない場合は訓練が中止となることもあります


【参加費用】

・一人あたり355,000円

※参加費には以下のものが含まれます

訓練参加費(国内及び現地),現地銃器レンタル,弾薬,現地移動費,現地宿泊費,消費税

※現地集合・現地解散となるため航空券代金は含まれておりません

※現地での各自の食費は含まれておりません


【支払方法】

・銀行振込

・クレジットカード決済(オンライン)

※海外訓練となるため分割払いの設定はございません

※分割による支払いを希望される場合 各クレジットカード会社のリボ払い等をご利用ください


【関係組織】

・主催:国際ボディーガード協会(AICPO)日本支部/CCTT INC.

・現地受入組織: EOD Tactical Solutions


【募集開始】

2024年3月20日(水)


【募集締切】

2024年4月20日(土) または定員に達し次第締め切り


【その他】

・基本的に現地集合&現地解散となりますが、海外渡航に不安のある方等はご相談ください。サポートいたします。


【参加申込】

下記の“PFOC訓練お申し込みフォーム”からお申し込みください




【お問い合わせ】

国際ボディーガード協会(AICPO) 日本支部 PFOC訓練係までメールにてご連絡ください


AICPO JAPAN PFOC訓練係


国際ボディーガード協会(AICPO)


参考写真

PFOC海外実弾射撃訓練
PFOC海外実弾射撃訓練
PFOC海外実弾射撃訓練
PFOC海外実弾射撃訓練
PFOC海外実弾射撃訓練
PFOC海外実弾射撃訓練

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page