top of page

AICPO ™️
国際ボディーガード訓練

国際ボディーガード協会(AICPO)では、国際社会で活躍することのできる身辺警護・要人警護のプロフェッショナル人材を育成するため、日本国内及び海外において国際ボディーガード訓練》を開催しています。(旧AISP/IBA国際ボディーガード訓練)


1999年に第1回を開催した本訓練は、既に20年以上もの間進化を続け、現在では、その教育訓練プログラムが、日本の警備業界をまとめる“全国警備業協会”の教育幹部研修にも導入されています。

本訓練には、一般からの参加はもちろんのこと、現職自衛官や警察官,海外軍隊経験者,国内外の警備会社,外資系企業などからも多くの参加者があり、卒業生たちは、セキュリティ・警備業界の第一線で活躍しています。

将来プロのボディーガードを目指す方々はもちろんのこと、現在ボディーガードとして活動されている方や、各種警備業に従事されている方,公的機関や企業内のセキュリティ・警備の部門で勤務されている方々にも、大いに役立つ教育訓練内容となっています。

​次の20年を目指し、《国際ボディーガード訓練》はこれからも進化し続けていきます。

《国際ボディーガード訓練》は3つのコースで構成されています

BASIC COURSE.png

ベーシックコース [B1][B2]

基礎訓練課程

 

【訓練日数】

 10日間 (5日間ずつの受講が可能)

【訓練時間】

 100時間

習得レベル】

 ボディーガードとして身辺警護業務に従事することができるレベル

訓練開催】

 年4回

​※どなたでも参加できます

​※訓練評価C以上でAIC​PO際会員入会資格が与えらえます

​※入会者には AICPO国際徽章(ピンバッジ)が授与されます

ADVANCED COURSE.png

アドバンスコース [AC]

応用訓練課程

 

【訓練日数】

 5日間

【訓練時間】

 50時間

【習得レベル】

 INTCPO(認定国際ボディーガード)の資格取得ができるレベル

【訓練開催】

 年3回

​※ベーシックコース修了者対象

​​※身辺警護・要人警護の国際資格であるINTCPO(認定際ボディーガード)資格及びINTCPOバッジの取得が可能です

MASTER COURSE.JPG

マスターコース [MC]

最上位訓練課程

 

【訓練日数】

 10日間以上(実地研修含む)

【訓練時間】

 100時間以上(実地研修含む)

習得レベル】

 警護チームリーダーや訓練の指導を行うことができるレベ

訓練開催】

 年1回

​※アドバンスコース修了者対象

​※AICPO国際ボディーガード訓練で指導員として従事できます

bottom of page